東京のタワークレーンレンタル 株式会社昭和
新着情報

Tower Crane

Tower Crane四方山話

タワークレーンって? ~クレーンあれこれ~

  上空から見たときに存在を示し、安全を確保するために塗られた赤と白の航空標識、それを『昼間障害標識』といいます 前回のお話で、タワークレーンのジブが赤白なのが分かったかと思います   では、上空から見たときに認識できなければいけないのに、高さのある建造物で東京タワーや工業地帯以外に赤白のもの見たことあるでしょうか? というより、東京をはじめとするビル群が全て赤白だったらと想像すると、・・・・、ちょっと考えてしまいませんか   空が暗くなってくると、高層建築物の上部に赤等のランプが灯るのをどこかで目にしているかと思います それが上空から見たときに安全を確保するためのもの もう一つの「標識」ではなく、 「灯り」=『航空障害灯』です   種類は 「高光度・航空白色・閃光(ストロボのような光を放つ)」 「中光度・航空白色・閃光」 「中光度・航空赤色・明滅光(明るさを変えながら時間をかけて点いたり消えたり)」 「低高度・航空赤色・不動光(点灯したまま)」 の4つ 航空障害灯は、国際標準を採用することで、どこの国でも基本的に同じ情報をパイロットに伝えています タワークレーンに使用するのはこのうちの1~2種 「中光度・航空赤色・明滅光」 「低高度・航空赤色・不動光」です 法律によっての取付基準は60m以上となっていますが、地域との話し合いにより、それ以下の時にも設置しなければいけない時があります 設置したら、地方航空局長へ届け出をします   タワークレーンでの設置場所は3か所 ジブの先端 ジブの中間 ガントリーの上部 に「低高度・航空赤色・不動光」が着きます ただし、ジブの長さが45m未満の場合は中間には着けません またタワークレーン本体の高さが90m以上になる場合は「中光度・航空赤色・明滅光」となります   1952年施工以来幾度となく改正されてきた航空法 航空障害灯も時代とともに、イルミネーションやビルの群立などから景観問題が起き、緩和措置が出されたり、省エネ化が図られています 航空障害灯もLED化や太陽光利用が急速に進められています 通常の白熱電球のままだと、年に2~3回以上の電球交換を余儀なくされます その度に作業員の人はジブの先端へと交換しに行かねばならないので、とても危険な仕事になります 空の安全を守る為に、地上の人間が危険に身を晒すのは本末転倒 一日でも早く、そんな作業をしなくて済む環境を整えたいものです        

タワークレーンって? ~クレーンあれこれ~

「建設工事をする」 と、一言で言っても建築基準法だけではなく、実は、そんな業界にまで!?といった色々な法律や規則が絡んできます その一つが 【航空法】と【航空法施工規則】 なぜタワークレーンのジブ(ブーム)は赤と白で塗装されているのか? というと、この法律および日本工業規格(JIS)によって   「航空標識の色」(安全を確保するための色)   として決められている   「昼間障害標識」だからです その組み合わせによって、上空など遠くからでも認識しやすい色が決められ、標識等に使用されています 赤や黄といった色は動物が本能的に警戒する色であり、自然界においては、「自分には毒があるよ・食べるとまずいよ・危険だよ」とアピールをしていることが多いです 人間は、信号機、サッカーなどスポーツルールの注意・警告、災害時や熱中症・花粉症などの注意喚起で危険度毎に色分けして使っています 赤に白というのは、白が無彩色で光を反射する最も明るい色の為、赤を際立たせるという効果があります 目を引き易いという点で他によく使うのが、地上では「立ち入り禁止」など危険区域であることを知らせ、注意を持ってもらうのに黄と黒を使います その特徴を生かして使われているロープは、「トラロープ」と呼ばれ、その名の通り黄と黒で警戒色として使っています 黄に黒というのは、黒が無彩色で光を吸収し後ろにあるような錯覚が起こり、黄色を押し出すことによって色を目立たせます しかし、夜間にライトを当てるなどした時は、黒が光を吸収してしまうため赤白に比べ視認性が劣ってしまいます また、同じ配色である虎は、自然界では保護色という観点からも、距離がある上空からの認識は、場所によって赤白に比べ劣ってしまうので、より視認性の高い方を採用していると考えられます   また、『赤』という色は古来より「魔除けの色」 建築現場において、魔=災害、事故は除けたいものです   祈りを込めて 本日もご安全に          

トラクレーン

タワークレーンって? ~クレーンあれこれ~

  マンションやオフィスビルのように高さがあり、徐々に組み上げていく建築物を建てる時に使用するのは 『タワークレーン(クライミングクレーン)』 と言い、仮設揚重機にあたります   使用される現場で移動式クレーンを常設するスペースが無い時など、省スペースで仕事が出来るのが強みで、 工事が終わると解体され、次の現場へと移動して又組み立てられを繰り返します   そこには種類があり、建築物の規模、高さ、工法により、作業半径はどのくらい必要か、地上からの持ち上げる高さはどのくらい必要か、吊上げ能力はどのくらい必要かなど、色々な条件を考え選ばれていきます   主な機能は、 ジブ(ブーム)と呼ばれる長く張り出した腕の先端で荷を吊り上げて360度旋回可能 その能力は1t未満~1000tを超える超大型機まであります     日本の国においては、工事敷地外へ出ることは上空でも嫌われますので、ジブが起伏するタイプのクレーンが多く使われています 反対に諸外国においては、トンボクレーンと呼ばれている水辺のジブにトロリ(荷を吊って軌道上(レール)を移動する台車)が付き、それによって水平移動させる水平ジブクレーンが使われています 起伏するタイプのタワークレーンはジブが起きたときに高さがあるので、航空機から判るように赤色(又は朱色)と白色に塗り分けられていることが多いです    

糸蜻蛉

タワークレーンって? ~クレーンあれこれ~

  形が鶴に似ているからと『CRANE(クレーン)』の名がついた建設機械も現在までに様々な進化を遂げて形や構造を変えてきました 建設機器の中でも、クレーンとされているものは更に大分類・中分類・小分類・細分類と別れていて用途別に進化しています 反面一度は世に出たものの、中には技術の進歩に伴い姿を消したり、極限られた場所でしか使われていない機器もあります   略図 『クレーン』とは:動力によって荷を吊り上げ、水平に動かし運ぶことを目的とする機械装置。ただし移動式クレーン、デリックは除く   と決められているので、例えば井戸で、滑車に綱を付けてその先にフックと桶をつけて人力で水を汲んでも「クレーン」とは呼べません でも、水を汲んで引き上げる力を動力にし、上がってきた桶を何らかの形で水平に運ぶことが出来たら(こちらは動力、人力問いません)これはクレーンと呼べるのか?と思ったら   吊り上げ荷重が0.5t未満の場合「クレーン等安全規則」の適用とはならない   のでクレーンには該当しませんでした 機械が発達して、種類が増えていく過程というのは必要に迫られてではなく、案外こんな思い付きからもあるのかもしれません   <クレーン定義> まとめ ・動力によって荷を吊り上げる。降ろすのは条件なし ・荷を水平に動かし運ぶことが出来る(動力・人力問わない) ・吊り上げ荷重能力が0.5t以上の物          

クレーン定義(アニメ)

タワークレーンって? ~クレーンあれこれ~

  使われるクレーンの種類・名前は色々あるけれど、『クレーン』とは重いものを吊り 上げ、移動させる機械のことで、『起重機』ともいいます でもCRANE(クレーン)を辞書で調べてみると、まず   『鶴』『(首を)長く伸ばす』   と出てくる ??? 吊る→鶴?でワイシャツやカンガルーの名の由来のようにまさかの勘違いから名前が付いたのでしょうか? と思ったら、どうやら違うようです     クレーンの始まりは紀元前450年ごろと言われ、初期の形は架台に長い腕(ジブ)が取り付けられていた その形状が『鶴(CRANE)』に似ていたことから『クレーン』と呼ばれるようになったと言われています 欧州の主な言語からも、『鶴』と『起重機』は同じ綴りであることが多いので『起重機』という意味は後からついた言葉だと推測されます 言語 起重機(クレーン) 鶴 ドイツ語 kran kranich 英語 crane crane イタリア語 gru gru フランス語 grue grue スペイン語 grua grulla ポーランド語 źuraw dźwig źuraw dźwig ラテン語 grus grus オランダ語 Kraan Kraan ポルトガル語 guindaste grua guindaste grua ギリシャ語 γερανός (geranós) γερανός (geranós) …

鶴・起重機

タワークレーンって?   ~判ります?~

  『クレーン』と一言で言っても実は種類も多く使い道も分けられています   当社が所有するのは≪タワークレーン≫別名≪クライミングクレーン≫とも言います   では、どのくらい目にしているものなのか? ここで問題です   以下の3種 タワークレーンはどれでしょうか? <!– –> ① ② ③   判りましたか? 正解は③です ①は≪ラフテレーンクレーン≫または≪ラフタークレーン≫と言い分類上は『移動式クレーン』にあたります その特徴は ・乗用車のように公道で走る事が可能な上、一つの運転室で走行とクレーン操作が行える ・ステアリング機構(操向機構)が特異で、大形タイヤを装備し全輪駆動式のため不整地や比較的軟弱な地盤、狭い所でも走行でき、状況に応じることに優れている   ②は≪ガントリークレーン≫  ≪橋形(はしがた)クレーン≫の中でも大型のクレーンの事を云い、日本では≪コンテナクレーン≫を指します その特徴は ・港湾に設置されているレール走行式荷役機械のうち、岸壁側で作業を行なう ・敷設されたトロリー(滑車)を横行させてコンテナ単位の運搬のため、天候にも労働条件にもあまり左右されない   そして③が≪タワークレーン≫ その特徴は ・建築階が上がるごとに【クライミング】という方法で自ら上へ登っていく ・建設現場で組立・作業が終了すれば解体、そして次の建設現場へと移動し、組立・解体時には①のラフタークレーンを使用します 移動式クレーンの様に入退場の経路や待機場所を考えずに済み、重機設置スペースに余裕のない場所での建設に適しています   どうです? どこかで見たことあるって思い出しましたか?    

ee91daf3acefd518085b53ed56d59813_m
PAGETOP
Copyright © SHOWA Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.