旋回フレーム(本体) ~い~

設置と動きについて

 

【設置】

旋回フレームはマスト先端に設置されます

 

旋回体

 

ガイドマスト3か所のフックを後ろに倒し、旋回フレームを水平に吊れたらマストに通します
マスト先端の溝に合うよう位置を調整出来たら、ガイドマスト3か所のフックを前に起こし、動かない様に取付ピンで固定します
その時は必ず抜け止めスナップピンも差します

 

旋回フレームはマストにフックをひっかけることによって据え付けられます

 

旋回体(据え置き)

 

 

そして、【旋回】

右廻り・左廻りと旋回し、目的作業方向へと向きます
360度旋回しますが、総ての建築現場が広大な訳ではないので、敷地から出ないよう、規制装置をつけて周りへの配慮をしています
気をつけなければいけないのが、配電盤などがある後ろの部分
荷を吊りあげるジブの方ばかり気を取られては、旋回フレームの旋回範囲が危険なことになります

 

旋回体(回転)