上空から見たときに存在を示し、安全を確保するために塗られた赤と白の航空標識、それを『昼間障害標識』といいます
前回のお話で、タワークレーンのジブが赤白なのが分かったかと思います

 

では、上空から見たときに認識できなければいけないのに、高さのある建造物で東京タワーや工業地帯以外に赤白のもの見たことあるでしょうか?
というより、東京をはじめとするビル群が全て赤白だったらと想像すると、・・・・、ちょっと考えてしまいませんか

 

空が暗くなってくると、高層建築物の上部に赤等のランプが灯るのをどこかで目にしているかと思います
それが上空から見たときに安全を確保するためのもの
もう一つの「標識」ではなく、

「灯り」=『航空障害灯』です

 

種類は
「高光度・航空白色・閃光(ストロボのような光を放つ)」
「中光度・航空白色・閃光」
「中光度・航空赤色・明滅光(明るさを変えながら時間をかけて点いたり消えたり)」
「低高度・航空赤色・不動光(点灯したまま)」
の4つ

航空障害灯は、国際標準を採用することで、どこの国でも基本的に同じ情報をパイロットに伝えています

タワークレーンに使用するのはこのうちの1~2種
「中光度・航空赤色・明滅光」
「低高度・航空赤色・不動光」です

法律によっての取付基準は60m以上となっていますが、地域との話し合いにより、それ以下の時にも設置しなければいけない時があります
設置したら、地方航空局長へ届け出をします

 

タワークレーンでの設置場所は3か所
ジブの先端
ジブの中間
ガントリーの上部
低高度・航空赤色・不動光が着きます
ただし、ジブの長さが45m未満の場合は中間には着けません
またタワークレーン本体の高さが90m以上になる場合は「中光度・航空赤色・明滅光」となります

 

1952年施工以来幾度となく改正されてきた航空法
航空障害灯も時代とともに、イルミネーションやビルの群立などから景観問題が起き、緩和措置が出されたり、省エネ化が図られています
航空障害灯もLED化や太陽光利用が急速に進められています
通常の白熱電球のままだと、年に2~3回以上の電球交換を余儀なくされます
その度に作業員の人はジブの先端へと交換しに行かねばならないので、とても危険な仕事になります

空の安全を守る為に、地上の人間が危険に身を晒すのは本末転倒
一日でも早く、そんな作業をしなくて済む環境を整えたいものです

 

航空障害灯電球交換